会長挨拶(2019年度-58代 L山田 章)

京都橘ライオンズクラブ|2019年度会長 山田 章

 私が2006年2月に入会させて頂いて13年経過いたしました。会長という大役は遠い先のことと思っていましたが、この度58代会長を努めさせていただくこととなりました。若輩者の私に会長の重責が務まるのかどうか・・心配でたまりませんが精いっぱい努めさせていただきたいと存じます。また今期の役員・理事の皆様には役職を快く引き受けていただいた事に大変感謝しております。
 さて、今年度の会長スローガンは

「One Love -All For One-」

 とさせていただきました。私もそうですが、京都橘ライオンズクラブのメンバーは、「クラブのことが大好きである」と思っています。一人一人の愛と(思いやる)心を集めて1つにすれば、全ての活動が関わり合うすべての人に笑顔をもたらすような、素晴らしいものになると考えています。
 「楽しい例会」「楽しい同好会」メンバー自身が楽しく、クラブのことが大好きであれば・・そこから奉仕への活力も生まれるのではないでしょうか?

 また、当クラブは後2年余りで、結成60周年を迎えようとしておりますが、そろそろ今年度から、その準備に取りかからなければならないかと存じております。
今後、59代会長そして記念すべき年の60代会長が、その大切な記念事業を成功させて頂く為の僅かなお手伝いをさせて頂ければと願っております。助走の段階ですが、諸先輩のご助言を賜りながら、進めて参りたいと思っております。
 なお今年度地区役員として、L岡本がリゾンチェアパーソンの役に就かれます。大変ご苦労様でございますが、ご自愛いただきご活躍くださいますようお祈り申し上げます。

 この1年間会長として皆様の声に耳を傾ける柔軟な姿勢で、メンバーの皆様全員の愛と心の絆で邁進していきたいと思っております。
 至らない点は多々あるかとは思いますが、お力添えを賜りますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


京都橘ライオンズクラブ|ページトップへ