会長挨拶(2014年度-53代 L山田 健嗣)

京都橘ライオンズクラブ|2014年度会長 山田 健嗣

 京都橘ライオンズクラブに入会させていただいて以来、まだまだ会長という大役は遠い先のことと思っていましたが、入会20年という節目の年に53代会長を努めさせていただくこととなりました。
 年齢は、橘ライオンズクラブと同じ、家紋は「橘」ということで、この京都橘ライオンズクラブに非常に愛着を感じている一人として、精一杯その責務を果たしていきたいと存じます。

 さて、今年度のスローガンは「不易流行 -常に新しく 常に変わりなく-」
とさせていただきました。「不易」とは、変わらないこと、「流行」とは新しいことを付け加えていくということ。52年間、先輩が積み上げられてきた伝統を守りつつ、新しいことを少しでも付け加えていければと考えています。

 また、今年度のクラブの運営については、3つのことに重点をおいて活動していきたいと存じます。
 一つは、「会員増強」、現在の会員数は48名ですが、50名以上メンバーがクラブに在籍することによって円滑な運営ができると考えています。できれば、年度末にはメンバー数が55名以上となるように増強をしたいと存じます。
 次に、アクティビティです。今までアクトに関しては、全体的にハード面に偏る傾向にあったのではないかと思います。ハード面も確かに必要ですが、今年度は、かたちとして残るものではなく「ソフト面でのアクトの充実」を考えています。
 最後に「楽しい例会」の運営です。楽しい例会から奉仕への活力も生まれるのではないでしょうか。

 先にあげたスローガン、運営方針の実現にはメンバー皆様のご支援、ご協力が不可欠です。こらからの一年間、これらのことが全うできますよう、メンバー皆様のお力添えを心からお願い申し上げます。


京都橘ライオンズクラブ|ページトップへ