会長挨拶(2011年度-50代 L鳴海 力之輔)

京都橘ライオンズクラブ|2011年度会長 鳴海 力之輔

 いよいよ結成50周年の1年が始まります。今日に至るまで先輩方が積み重ねて来られた「橘」があってこその50周年と改めて肝に命じ務めて参りたく存じます。
 我がクラブの周年は、周年記念事業ならびに記念アクティビティに取り組むことにより、会員相互の結束を固めることにあるとお聞かせいただいております。
 東日本大震災の復旧ままならぬ中での周年事業でもありますので、L田丸50周年実行委員長をはじめとする実行委員会において十分に検討を重ねて、努めて参りたいとも考えます。
 何卒皆様方のお力添えを心よりお願い申し上げます。

 さて今年度のスローガンは「One New Steps」とさせていただきました。
 私は入会時より、クラブ活動時は、クラブ会員相互は横一線であると、伺って参りました。
 50周年を機に全会員が正に横一線に肩を組んで新たな一歩を踏み出す、との気持ちを込めさせていただいております。
 またクラブにおいては、会員相互の親睦も大切でございますが、ライオンズクラブは何よりアクティビティが重要であります。
 L鎌谷前会長が「みんなで集う エキサイティングな奉仕活動と例会」とのスローガンのもと、清掃活動をはじめとする目標500時間の労力奉仕を実施されました。このことについては私だけでなく、皆様方の中でも「橘が変わってきた」とお感じになっていることと思います。この大切な流れは、途切れることなく大事に継承して参りたいと存じます。
 また役員理事にやや偏重ぎみである各活動への取り組みにつきましても、前年度より引き続き各正副委員長を先頭に、委員会での活動の充実を図っていただきたいと考えております。
 さらに早々ではございますが、9月4日に当クラブの音楽同好会ピラカンサスがアクティビティ先である京都ライトハウス様において「橘音楽祭」を開催いたします。AST新のトリオ・シャンテさんの協力も得て当クラブ主催の慰問活動であり、同好会活動からアクティビティへの発展という新たな一歩を踏み出します。激励ご声援をお願いいたします。

 なお今年度地区役員として、L神アが地区GLT委員長に就かれます。L神アには大変ご苦労様でございますが、ご自愛いただきご活躍くださいますようお祈り申し上げます。

 いずれにしましても、今年度が良き1年となりますよう、良き50周年となりますよう、みなさまと新たな一歩が踏み出せますよう、至りませぬがお力添えを賜りますよう、重ねてお願い申し上げます。


京都橘ライオンズクラブ|ページトップへ