会長挨拶(2010年度-49代 L鎌谷 裕介)

京都橘ライオンズクラブ|2010年度会長 鎌谷 裕介

 この度、伝統と格式を誇ります京都橘ライオンズクラブの第49代会長をお引き受けするに当り、この若輩で未熟な私で良いものかどうかの自問自答の日々が続きました。そして考えました結果、クラブの伝承の一翼を担うべく皆様のご期待にどこまで応えられるのかわかりませんが、精一杯取組む決心を致しました。

 さて今年度は、当クラブが50周年を迎える大きな節目の年です。
今年は、その一大イベントに向けての準備に当たるたいへん重要な年となり、かなりのプレッシャーを感じておりますが、先輩諸兄のお知恵とご助言をいただきながら、粛々とクラブ運営に努めて参りたいと思います。
とにかく、来期に繋げる「蓄財の年」と位置づけたいと考えております。

 本年度の会長スローガンは、
         「みんなで集う エキサイティングな奉仕と例会」 でございます。

京都橘ライオンズクラブでは上は96歳から下は35歳までの幅広いメンバー全員が活動しておりますが、能動者として積極的に参加のできるエキサイティングな奉仕活動と例会を企画させて頂きたいと考えております。
その奉仕活動と致しましては、年6回の清掃活動を中心として行います。
また計画委員会のメンバーを17名まで増強し、委員会を隔月開催の年6回以上行い、幅の広い意見を聞き、企画、立案してまいります。
例会場は基本に返って、ほとんどを全日空ホテルとし、全員参加型のエキサイティングな例会を企画してまいります。

 最後になりますが、京都橘ライオンズクラブ会員とそのご家族の皆様方が、健康で楽しく明るい一年であります様に心から願っております。
また、この一年、エキサイティングな奉仕と例会にメンバーの皆様が積極的に集う事により次期50周年に向けての気運が必ずや高まるものと確信しております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


京都橘ライオンズクラブ|ページトップへ